› 槍の又左衞門 › 利家スポット › 石垣下に滝つぼ跡(金沢城)
加賀藩主 前田 利家は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。
幼名は犬千代。父は尾張国荒子城主の前田利昌、母は長齢院。
子に初代加賀藩主前田利長、二代藩主前田利常などがいる。
豊臣政権の五大老の一人。
NHK大河ドラマ「利家とまつ」でも脚光を浴びたが、石川県では古くから県民の誇りとなっている人物。

2011年11月23日

石垣下に滝つぼ跡(金沢城)

金沢城公園の橋爪門復元と玉泉院丸跡整備に向けた石川県の発掘調査で、玉泉院丸の「色紙短冊積(しきしたんざくづみ)」の石垣の下から、なんと!!滝つぼ跡が見つかり、実際に水を流して観賞するための石垣だったことが明らかになったそうです。



また、橋爪門では柱の位置の確認から時代によって門の大きさが変化していたとのこと。

 城西側にある玉泉院丸は、織田信長の娘で加賀二代藩主前田利長の正室・玉泉院(1574~1623年)の屋敷がありました。

その後、庭園として整備され、二の丸近くにある石垣は、17世紀後半に造られたとみられている。



同じカテゴリー(利家スポット)の記事画像
百万石まつり
甲冑
尾山神社
利家の槍
宝円寺
同じカテゴリー(利家スポット)の記事
 百万石まつり (2012-05-20 10:20)
 甲冑 (2010-01-11 10:30)
 尾山神社 (2009-12-06 20:47)
 利家の槍 (2009-12-03 11:08)
 宝円寺 (2009-11-26 16:41)

Posted by 槍の又左衞門 at 10:18│Comments(0)利家スポット
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。