› 槍の又左衞門 › 利家スポット › 利家の槍
加賀藩主 前田 利家は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。
幼名は犬千代。父は尾張国荒子城主の前田利昌、母は長齢院。
子に初代加賀藩主前田利長、二代藩主前田利常などがいる。
豊臣政権の五大老の一人。
NHK大河ドラマ「利家とまつ」でも脚光を浴びたが、石川県では古くから県民の誇りとなっている人物。

2009年12月03日

利家の槍

今年の3月に北國新聞で興味深い記事を発見した。

利家が戦勝祈願で立ち寄っていたとされる、内灘にある小濱神社にて、利家の槍や秀吉の書状が公開され、文化財の調査を受けているとのこと。

槍は3.2メートルもあり、黒漆に金箔が貼られているもの!

末森の戦い直後に、神社に送られたそうである!

利家の豪傑さがうかがえますね。



同じカテゴリー(利家スポット)の記事画像
百万石まつり
石垣下に滝つぼ跡(金沢城)
甲冑
尾山神社
宝円寺
同じカテゴリー(利家スポット)の記事
 百万石まつり (2012-05-20 10:20)
 石垣下に滝つぼ跡(金沢城) (2011-11-23 10:18)
 甲冑 (2010-01-11 10:30)
 尾山神社 (2009-12-06 20:47)
 宝円寺 (2009-11-26 16:41)

Posted by 槍の又左衞門 at 11:08│Comments(0)利家スポット
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。