› 槍の又左衞門 › 家紋 › 家紋
加賀藩主 前田 利家は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。
幼名は犬千代。父は尾張国荒子城主の前田利昌、母は長齢院。
子に初代加賀藩主前田利長、二代藩主前田利常などがいる。
豊臣政権の五大老の一人。
NHK大河ドラマ「利家とまつ」でも脚光を浴びたが、石川県では古くから県民の誇りとなっている人物。

2009年12月10日

家紋

前田家の家紋は、梅紋の「加賀梅鉢」と言われる。

加賀前田氏は菅原氏の末裔を名乗ったために梅を家紋に用いた。



今でも石川県内では、この「加賀梅鉢」が色んな場所で見ることができる。



Posted by 槍の又左衞門 at 22:39│Comments(0)家紋
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。